なんと長くなってしまって
かあさんがびっくりしてます


さて
お仕舞いは
佐渡島の北端です


"大野亀"と言うところです
201905202319220b2.jpg

道を進んで行くと
海に突き出したような大きな岩


20190520232157450.jpg

違う方角から見るとこんなのです


もう少し遅く
5月下旬に行くと
2019052023184602d.jpg

こんな感じで
《トビシマカンゾウ》の群生地で黄色い花が一面に咲くそうです


でも今の時期だったから
犬連れのかあさんたち
3ワンを広い草原や遊歩道を
歩かせてやる事が出来たと思うんです
3ワン気持ち良さそうに歩いていました


20190520231825d35.jpg

先の方に二匹の亀が並んでる様に見える
二ツ亀という場所がずっと先に見えてますが
そこまで遊歩道が続いているそうです


20190520232306e10.jpg

岩の上迄登れるそうですが
かあさんたちが行った時は残念ながら
どこか崩れやすいとかで通行止になっていました

20190520231658abb.jpg

ここもなかなかな眺めでした

実はかあさんがここに着いた時
体調不良だったので(直ぐに良くなったのですが)
3ワンの写真が無しです(-""-;)


丁度お昼だったのでここでも
2019052221222419f.jpg

海鮮丼を頂きました
さっき、気分悪かったかあさんも
しっかり食べました(笑)


2019052021350317d.jpg

両津港を散歩したり



20190522212836cf4.jpg


20190522212906d1f.jpg

お土産買ったり


佐渡島東の下の方だけ
行かなかったのですが

北は大野亀
南は小木港まで
佐渡島の周囲6分の5位回りました
お店の方が
「佐渡島は日本で1番大きな島よ」って
教えて下さいました(*^^*)


20190520213436de9.jpg

帰りも"ときわ丸"に乗りました


2019052221274703e.jpg

夜景を楽しんだり


20190522213305ff6.jpg

食事したりでした



そうそう
フェリーの待合で

3才のパーティカラーの"レオ"ちゃんがいるという方が

「わぁー、3ワンとも可愛いですね
家の仔も同じ顔です
ここ佐渡島には多分ポメラニアンは家の仔だけですよ
ここでポメラニアンに会えるなんて
なんて嬉しい!」等々
色んなお喋りして

娘さんのお見送り(ジェット船利用だった)の行き帰りに
3ワンをなでなでして下さいました

良い思い出も出来て
4日目の早朝に帰り着きました

旅行中はずっと晴天
気温21℃前後清々しい空気に恵まれて
思い出も沢山の新潟・佐渡島
長くなっちゃったお話
やっと終わりまーすm(__)m






201905222153116ab.jpg



20190522214615b44.jpg









スポンサーサイト
 2019_05_22



佐渡島と言えば
やっぱり金、金山ですね


"佐渡金山"が代表的な鉱山だそうです

全く知らなかったけど
江戸時代から約400年間掘って
平成元年に操業停止したそうです


"道遊の割戸"(山の上がVの所)
20190520212734a81.jpg

江戸時代に手掘りで鉱脈を削りとった跡だそうで
佐渡金山のシンボルと言われているそうです


坑道に入ります
ここも秀も美優も輪も歩かさなかったら
入るのOKでした

20190520212910526.jpg

ここから入ります

坑道は2つありました
江戸時代の手掘り坑道跡
《宗太夫坑江戸金山絵巻コース》


20190520235505cf2.jpg



2019052021315959b.jpg



20190520213309d44.jpg



201905202130435b1.jpg

説明書も有って採掘作業が再現されてました

坑道から出ると資料館があり

201905202148572cd.jpg

こんな模型があったり
当時の作業の様子や住い等
とても細かく再現してました

大判、小判等の出来るまでとか各時代の硬貨の事等


20190520214927428.jpg

時価6000万円の金の延べ棒が置いて有りました
片手で持ってケースから出せると記念品が貰えるそうだけど
男性が持ち上げるのも大変そうでした😅


もう1つの坑道は
《道遊坑明治官営鉱山コース》で

201905202321302c0.jpg



2019052023195342c.jpg



20190520215323a39.jpg


宗太夫坑道とは違って
トロッコの線路?やら色んな機械が置いてあったり
坑道が広くて歩き易かったです
けど温度が10℃ほどしかなくとても寒かったです

酒造会社の冷暗保管場所に使われている様です


20190521124801aca.jpg

坑道からお土産屋さんに行けて
"金粉ソフトクリーム🍦"が有りました
値段は普通 金粉が振りかけて有るものでした(*^^*)



いい加減に、、、😞
後一回続けまーす





 2019_05_20



青空の3日目

201905190008463c3.jpg

コテージの前は遠浅の海岸が続くので
夏には海を楽しむ人が集まるそうです

この日は朝8時前からコテージを出て動きました



20190519001505644.jpg

先ずは"人面岩"です(横顔ですね)

20190519001739eee.jpg

結構大きな岩でした

そして
今回行った佐渡島でかあさんが
一番気に入った所に行きました

国定公園"尖閣湾揚島遊園"です

ここに行かなくても
見える景色はどこも良いのですが

ここでは
海中透視船が出てたり
小さな水族館があったり
時間に余裕が有ればゆっくり居たい所でした


20190519004238ab3.jpg

余りの景色の良さに
直ぐ秀&美優&輪にスタンバイして貰いました


そして
混まないうちに透視船に乗る事にしました


20190519010453803.jpg

洞窟を抜けて海に出ます


20190519010948768.jpg

どこもここも記念写真を撮りたくなる眺めです


201905190124584fc.jpg

わかるかな、、水が透き通ってるんです


20190519004136099.jpg

黒鯛や小さな河豚🐡なんかがいるのが見えました
手で掴めそうでした


20190519004046f91.jpg

透視船です


20190519004011cf5.jpg

カモメが透視船の周りに近づいて来ます


20190519004200341.jpg

カモメが気持ち良さそうでかあさんも飛びたい!なんてね


201905190039204f1.jpg

展望台の方から見るとこんな感じで周遊してくれます


20190519003851973.jpg

またまたまたパチリ
3ワンスタンバイに忙しかったね
ここもなかなかな眺めです


灯台あったり
海岸沿いを散策できる様にしてありました

結構切り立った岩の間を歩くので
かあさんたちは上からの眺めを楽しみました


水族館は小さな所だったけど
犬も入れました

ウニやサザエ等が触れる"タッチ水槽"があったり
ドクターシーフィッシュの体験が出来たりしました



後少しです(*^^*)














 2019_05_19



朝から新潟港に行き
フェリーを待って
(予約出来てるのにね)

フェリーに乗って
佐渡島に着いたのが15時過ぎ

なんか時間がもったいなかった?!

けどね
欲張って動いたら
3ワンもかあさんも疲れちゃう😅

それより新潟港で
働く方々船関係、港関係、お土産屋さん関係等々
新潟のいろーんな方々とお話出来たしね
これって良いことだと
思うかあさんです😊



佐渡島、、、
どの観光地も終りが早いんです
ゴールデンウィークたって関係なし(笑)
17時には閉まっちゃいます


フェリーの予約の時に
お姉さんが言ったんです
「皆さん佐渡島を小さく思ってるけど、以外と広いんですよ」って

その言葉かあさんの頭にしっかり
インプットされてます

それで今回も
宿泊場所からの観光を考えました


先ず
朱鷺!"トキの森公園"なんだけど

そこはワンちゃんはダメ!でした

行ってもぎりぎりで閉まっちゃうしね

じゃ、次です
「佐渡島と言ったら"たらい船"でしょ」ってことで

両津港から小木港へ移動です
両津港から小木港まで約1時間
かかるけど
宿泊場所が小木港に近いので
直行です

小木港ではたらい舟に乗れまーす

20190516213519f81.png

3ワンと一緒に乗る事が出来ました
沢山のたらい舟が活躍
皆さん楽しそうに乗っておられました

次に
千石船の里宿根木に

《国指定文化財伝統的建造物群保存地区》だそうで
昔ながらの港町の集落の家々が
とてもいい状態で残っていました


20190516225406396.jpg



20190516225430be1.jpg




20190516225502f63.jpg

こんな民家がかなりな数建ってました
中には今も住んでおられる家もありました

また
2019051623085778a.jpg

ここは地球?


20190516230831d26.jpg

火星ってこんなのかな、、、
なんて思ってしまいました

20190516230959efc.jpg




20190516230927909.jpg



20190516225532ae0.jpg

ずーーと昔
海底火山の噴火で吹き出した
火山岩や溶岩
そして地震によって出来たそうですが
なんだか不思議な気分に為りました


20190516231026b1b.jpg

海の水は透き通っていました



続けますね(*^^*)








 2019_05_16



次の日も

朝から晴天
暑いのも困るな~だったけど

雲一つない青空
お日様は輝いているけど
暑くなくて気持ち良かったんです
最高気温21℃位
快適って感じ
旅行中ずっとでした



2日目です(*^^*)

新潟と言えば"佐渡島"ですね

フェリーじゃないと行けないし
乗れても3ワン預けないとダメだろうし

諦めていたけど

嬉しい事に決まったスペースに
3ワンと乗ってられる事が判明

けど
昨日新潟到着が午後の予定だったのが
早くつけて
観光出来て嬉しいけど

フェリーが3時間位おきの出航
6時は無理
9時台にすると市内全く見ずになる予定だったので

12時35分出航に予約しちゃってたんです(往復約5万也です)

結局、早かったけど
ホテルから直接フェリー乗り場に行きました

早すぎ!
だったけど3台目でした😊

新潟港良かった!好印象で(^^)d
3ワン連れてストップかけられる事なく
港も
建物の中も
散歩や見学が出来ちゃいました


20190515103448b83.jpg

海上保安庁の船が有りました
有事の時直ぐ出航出来るよう
スタンバイしてるんですね

うろうろ散歩してると
働く方々が
皆さん笑顔で
「可愛いね~」
「3匹もいるんだ」
「気を付けてね」等々
優しく声をかけて下さいました
皆さんきれいな標準語で
話されるのには正直驚きました

20190515103818219.jpg

港ビルの室内展望台にも行けました


201905151039460e8.jpg

港の様子を高い所から見渡せました


20190515104601ebb.jpg



20190515104250bcb.jpg

まだ雪の残る北アルプスの山並みも見えてました


20190515104714710.jpg

私たちが乗った"ときわ丸"です


カーフェリー"ときわ丸"には
ペットを完全に預ける所と
ペットと一緒に過ごせる所が
あります

我が家は勿論
一緒に過ごせる所にいました


20190515120609fc0.jpg

初めてのフェリーでの3ワン


20190515120728c3f.jpg

固定された椅子だけでなくて
動かせる椅子もありました


201905151208199e4.jpg

秀も


20190515120855d7e.jpg

美優も


20190515120945e70.jpg

輪も

フェリーには2時間半乗船だけど
船酔いもせず寛いで過ごせました


20190515124616907.jpg


ペットスペース横にはテーブル席もあって

フードコーナーで買った
ランチやラーメン等も持ってこれました


20190515113224b40.jpg

甲板のスペースも結構広くて
3ワン自由に動かせたり
走らせたりしました
昼間でも寒かったのには驚きました


20190515125351d1e.jpg

青空と海と白い波
かあさん大好きな景色です(^^)v


帰りは
柴ちゃん、トイプちゃん、パグちゃんがいました


2019051513174077b.jpg

行きに一緒だったハナちゃん
乗り慣れている様だったけど
殆んど静かに寝て来ました👏


続けまーす







 2019_05_15




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

会えて嬉しいです

いつもありがとうございます 今日もポッチと一押しお願いします

秀はいくつ?




美優はいくつ?




りん(輪)はいくつ?

大好きだよ!マンミ

ありがとう マンミ


1997年9月25日~2011年7月28日没 かあさんの代わりにいつも親孝行をしてくれたね。 温厚で優しかったね♪ ちょっぴり頑固だったかなでもそれがまた可愛かったよ♡♡♡       *☆゚・マンミ忘れないよ*:.。.☆゚・*:.。.☆。.☆゚・*:.。.☆

プロフィール

ほんわか

Author:ほんわか

結構長く凸凹の道歩んでます。
今は第3の人生を愛犬や子どもたちと送っています。

新着記事

月別アーカイブ

Monthly Archives

ありがとうございます

これから




.